BlueLunchboxのブログ

クッキングシート

前にもうまくいかなかったことがあるように、フライパンでの焼き魚、

フライパンで焼き魚 - BlueLunchboxのブログ

ほぼ毎週やってはいるもののちょっとおぼつかない。

 

コツをいろいろと調べていると「クッキングシート(クッキングペーパー?)を敷く」

というのがあった。

たまたま自宅にもあったので、単身寮に持ってきてやってみた。

 

食材は焦げ付きやすくて自分でも敬遠してた「サバの西京漬け」だ。

西京漬けって味噌漬けってことでいいのかな。

これがどうがんばってもフライパンに味噌が焦げ付くので、おいしいけど苦手だ。

 

ということで、フライパンにクッキングシートを敷いて、

その上に西京漬けの切り身を適当に切って、弱火でやってみた。

そしたら、それ以上なんにもしないのにきれいに焼けた。

フライパンには焦げ付きどころか、汚れも油もなんにもついてない。

魚とクッキングシートがこびりつくこともなかった。なんて簡単なんだ。

 

フライパンには食材も油もくっついてないから、

もしかしたら「空焚き」みたいになってコーティングにはあんまりよくないのかな?

でも後片付けも楽だし、次からも焼き魚が楽しみになってきた。

ご飯の保存

いつも単身寮で朝に2合ご飯が炊きあがるようにセットして、

弁当に詰めて、朝は納豆ご飯食べて、余ったご飯は大きめのタッパに入れて

冷蔵庫に入れている。

これが2回ぐらいたまると夕飯1食分ぐらいになって

夕飯はチャーハンか玉子丼、っていうのが標準パターンだ。

 

先日、冷蔵庫からタッパを出して、お椀に入れて電子レンジで温めようと見たら、

タッパの中のご飯の下のほうがちょっとうっすら黒ずんでいるのに気付いた。

これはまずいな。悪くなってしまったかな。

でもこれまで同じようにやってきても、こういうことはなかった。

暑い時期は過ぎてるし、どうしたんだろうか。

 

たぶん、同じように冷蔵庫で保存してきているんだけど、

例えば1日目のご飯をタッパに入れて、2日目のご飯を同じタッパに入れるのに

1日目のご飯の上に重ねて入れる。

で、夕飯にこれを使おうとしてタッパの上のほうからご飯をとる。

っていう感じで、

タッパの下のほうのご飯は何日前のものかわからなくなって、

いつの間にかだいぶ古くなってしまっていた、っていうことなんだな。

これまで同じようにやってきてご飯が悪くならなかったのは不思議だけど、

これからはタッパを2つ用意して、ご飯を重ねて入れることがないようにして、

古いほうのご飯から先に使うようにしよう。

 

ということで、黒ずんでしまったご飯。

恐る恐るにおいをかいでみて異常なしのように感じたので

捨てずに思い切って食べてみることにした。

いつものチャーハンで、いつもはつい炒め過ぎてしまうのが気になっていたけど、

今回ばかりは遠慮せずとことん炒めて、無事においしくいただくことができた。

好燃費の要因

三連休の最終日になった今日はカラッとした気持ちいい秋晴れになった。

自宅から赴任先への移動はスケジュールの関係でいつもより早い時間になって、

最初から最後まで運転席側の窓全開で走っても気持ちいい陽気だった。

 

三連休だからなのか郊外の道路は交通量も多くて速度は低め、

そこから山道に入ったら今度は早い時間帯だったせいかいつもより交通量は少なくて

自分のペースでのんびり走ることができて、

燃費はなんと38.2km/Lとまたハイスコアを更新。

今回は途中のガソリンスタンドからではなく自宅からでこの記録が出た。

 

この要因のひとつがなんとなくわかってきた。

出発する時点でその前に車を使っているとエンジンも温まっているし

バッテリーの残量にも余裕があって、その状態で出発すると好燃費が期待できる。

自宅から出発する時点でその前に車を使ってない時間が長かったり

バッテリーの残量が少ないと、出発してから充電を始めるので

信号待ちでエンジンが止まらなかったりして燃費は伸びない。

週末に赴任先から自宅へ向かうときも、平日に全く車を使ってない状態、

しかも最後に車を使った前の日曜日の夜には自宅から赴任先に向かって

燃費を伸ばそうとバッテリー残量を使い切ったような状態で駐車しているので、

これまた出発直後からバッテリーへの充電が始まって燃費が伸びない。

伸びないっていっても30km/Lぐらいはいくから助かる。さすがだ。

 

道路から見える山の上のほうでは木の葉もちょっと色付き始めてきたかな?

秋分の日2022

スーパーに入ったらスパゲッティの麺の価格が上がってた。

前は500g入りで100円ぐらいだったのが140円ぐらいになっている。

最近よく言われている物価高騰を実感しながらひとつ買って帰って、

いつも置いている棚を開けて入れようとしたら、

なんと未開封の同じ商品がデンと置いてあった。

買うことなかったものを買ってしまった。

スーパーに行くときはちゃんと「お買い物リスト」をつくっていこう。

 

さて、今日は秋分の日。

なんとなくイメージで秋分の日って晴れが多いような気がしたけど、今日は雨模様。

 

そして今日は会社の人の結婚式にご招待されて行ってきた。

結婚式に出るなんていつ以来だったか覚えてないぐらい久しぶりだ。

結婚式も披露宴もなんというか、今風というか、

新郎新婦のこだわりというよりは

ブライダル業界の苦心がうかがわれるような気がした。

言うまでもなくお料理も立派で、

立派過ぎて自分の自炊の参考になりそうなものはなかった。当然だな。

 

三連休中の大安で人気の式場、よく取れたなーなんて思うけど、

式場を予約した時点ではコロナの感染状況はわからなかっただろうから、

新郎新婦、ご両家とも心配が尽きなかったことだろう。

うまい具合にコロナは下火になってきて台風も当たらなかった。

新郎だか新婦だかわかんないけど、「持ってる」な、と思った。

 

美男美女でお似合いの二人、

入籍から1年ぐらいたってしまったそうだけど、ご結婚おめでとうございます。

いつまでもお幸せに。

台風明け

先日、台風が来て、でも九州とか全国のほかの地域では過去最強クラスぐらいで

被害もたくさん出たようだったけど、こっちのほうを通過するころには

それほどでもなくて、幸い被害もなかったし、今回は自分も待機当番には

当たらなかった。

 

ちょうど台風が通過するころに夜に気温が20℃を超えるぐらいに上がって、

寝てて暑くて夜中に目が覚めた。布団もちょっとずつ冬バージョンにしていたのだ。

それで、寝ぼけながら長袖やズボンも脱いでまた寝入ってしまった。

最近は朝起きると布団はかかってなくて、この日もそうなっててちょっと

危なかったかな。

これで朝起きてのどでも痛くなってたらバイキン扱いされてしまう。

 

新型コロナも全国的に感染者数はだいぶ減ってきて、

第7波も収束していくような感じになっている。

ま、この第7波があまりにも大きくて途中からすでに感染者の全数は

把握できていないような、毎日ニュースで報道されてる感染者数も

正しいのかどうかわからなくなっているような気がするから、

こうして感染者数が減っているっていうのもどのぐらい正しいのかよくわからない。

身の回りでも感染者が出たり、家族が感染したりしても

濃厚接触者はそれほど重大な扱いをされなくなってきたり、

良くも悪くもだんだん慣れつつあるように思える。

 

この第7波が収まってきたのも、人間サマの対策が効果を発揮して

ウイルスを抑え込んだっていう心当たりはあんまりなくて、

たまたまウイルスがおとなしくなってきているような、

結局はまだまだウイルスのほうが主導権を握っていて、

人間サマはまだそれに振り回されている感じがする。

 

さて、台風明けの夕方にはきれいな夕焼けが見えて、

それも火が沈んだ西の空だけじゃなく一瞬、空全体が赤く染まるような感じ

になってとてもきれいだった。

今日は一転して朝の最低気温は9℃以下、日中の最高気温も20℃にならない

ひんやりとした空気になった。

古い仲間の訃報

古い仲間が交通事故で亡くなったと知った。

ご冥福をお祈りします。

初めはニュースで見て、名前と年齢は一致していたけど

本人かどうか確かめられなくて、

そのうち新聞に出されていた葬儀のお知らせとかで本人とわかった。

突然のことでご遺族もまだ受け止められなくているだろう。

お悔み申し上げます。

 

自分は単身赴任が始まった3年前から、

自宅と赴任先を毎週行き来するたびにいつも思う。

この途中で自分が交通事故にあって自分から意思表示できない状態になったら

どのようにして自分が事故にあったことが家族に知らされることになるんだろう。

たぶん簡単にはいかないような気がする。

 

それを考えると、道路で主導権争いでもするかのような走り方には

かかわらないほうがいい。

でもそれだけじゃ事故は防げない。

自分は可能な限り事故の要因から離れるように気を付けたうえで、

あとは幸運を祈るばかりだ。

 

知り合いの大学生が自動車学校を終わって、あとは免許の試験を受けるだけだという。

車を使えるようになると世界が広がるから楽しみだろうな。

こっちも無事故を祈るばかりだ。

 

今日も自宅から赴任先に移動。

燃費は38.0km/L。ハイスコアかな。

ガソリンスタンドからの計測だったからっていうのもあると思うけど、

平均速度を控えめにするとこういうご褒美もある。

大会・2022秋(2)

昨日に続いて大会2日目。

今日の種目ではみんな昨日の敗戦を引きずらず(このへんは元気があっていい。)

結果もみんな大健闘。みんな笑顔で終わることができてよかった。

 

部長はこれも大健闘の3位入賞で、上位大会の出場権を得た。

これはすばらしい。

全然エリート選手ではないし、本業は違う分野の世界を持つ人のようだけど、

まじめで熱心で練習も休まないし、

技を身に付けるのにどのぐらい努力が必要か、みたいなことをよく理解して

それを実践できるんだと思う。

恐らくは周りから見ると無名の状態、あの選手だれ?みたいなところから

一気に栄冠をつかみとった。すばらしい。

 

さらに、その上位大会の代表決定戦ではなんと

チームメイトとの同士討ちになってしまった。

こっちもそんなの初めてだし、お互い幼稚園のころから友達だというし、

この年齢にしてこの状況、やりづらかっただろうな。

さらに、同士討ちだと普段から慣れられているので、

対外的に効くはずの技が効かなくて決め手に欠く。

すごい長い試合になった。

でも終盤の勝負どころでは声も出て気合いも入って気持ちが前面に出た分、

僅差を乗り切って栄冠をつかんだ。

おめでとう!